財団概要

名称一般財団法人(非営利型) おおさか創造千島財団
Chishima Foundation for Creative Osaka
所在地大阪市住之江区北加賀屋2丁目11番8号
設立日2011 年11 月1 日
設立千島土地株式会社

役員情報

理事長芝川能一(千島土地株式会社 代表取締役社長)
常務理事山之内均(千島土地株式会社 常務取締役)
理事加藤種男
橋爪紳也(大阪府立大学21世紀科学研究機構 教授)
小池(北村)智子(元・千島土地株式会社 地域創生・社会貢献事業部長)
評議員芝川又美(千島土地株式会社 代表取締役会長)
芝川又和(千島土地株式会社 取締役)
芝川善行(千島土地株式会社 取締役)
助成選考委員(2019年度〜)小林 瑠音(神戸大学国際文化学研究推進センター学術研究員)
塚原 悠也(contact Gonzo)
長谷川 新(インディペンデントキュレーター)

設立趣意書

大正時代から昭和初期にかけて、大阪は産業の発展で世界有数の工業地帯となり、「東洋のマンチェスター」と呼ばれていました。大阪市中心部より大阪湾に注ぐ木津川両岸にも造船所などの工場が林立し、近代大阪の繁栄を支えてきました。しかし現在は、産業構造の変化に伴い工場が移転・減少し、かつての活気は失われつつあります。

その代わりに、こうした大阪の歴史は、わたしたちに数々の産業遺産を遺してくれました。名村造船所大阪工場跡地もその一つです。この遺産を活用し、かつて栄えた大阪の港湾地区に「水都大阪」の魅力をもう一度甦らせようという取り組みが、2004年に始まりました。造船所というものづくりの現場であった場所を、新しい創造の場、すなわち芸術・文化の発信拠点として再生することになったのです。
地域貢献の手法として、なぜ芸術・文化に着目したのか―それは、芸術・文化が人々の創造性を育み、多様な人々の考え方をポジティブに生かしていく力を持っているからです。グローバル化、少子高齢化など、社会・経済システムの転換期に、新しいシステムを構築し、より良く生きる方法を見い出すためには、想像力やクリエイティビティが必要です。創造性を発揮できる環境を提供することで、閉塞感を帯びた現在の社会気運に絶大な効果が期待できると考えています。

千島土地株式会社は、こうした考えに基づき、不動産業を営む会社ならではの社会貢献として、造船所跡地を中心とする大阪・北加賀屋エリアの所有物件を芸術・文化活動の拠点に変える試みを行ってきました。芸術・文化の存在が地域に新しい価値観や多様性をもたらし、地域が活性化した例は、国内外に数多くありますが、我々も芸術・文化支援を通して、訪れる人も住んでいる人も元気になるようなまちづくりに貢献したいと考えています。

このたび、株式会社設立100周年を記念して、さらに公益性の高い活動を推進するために、当財団を設立するものです。 芸術・文化活動の環境整備を行い、大阪および周辺で活動するアーティストの活動を支援することにより、関西一円の芸術文化の振興に寄与するとともに、芸術・文化によって地域に新たな活力をもたらし、魅力的なまちづくりに貢献することを目的とします。

設立者 千島土地株式会社 代表取締役社長 芝川 能一

 

千島財団の歩み

201111月、財団設立。アーティストやクリエイター等への創造活動に対する公募助成事業開始。
2012大阪からアート・クリエイティブにまつわる情報を発信する機関紙「PaperC」を創刊。
2013「咲くやこの花賞」受賞作家と仏若手作家によるグループ展「みなとの物語」をクリエイティブセンター大阪にて開催。
2014「MASK(MEGA ART STORAGE KITAKAGAYA)」開館、収蔵作品の一般公開イベント「Open Storage」を開始。
2015北加賀屋の創造活動拠点やアートスポット、飲食店を紹介するマップ&イベントカレンダー「北加賀屋CHAOS」の発行開始。
2017平成29年度芸術文化魅力育成プロジェクトの企画運営業務委託事業者に選定され、「Osaka Creative Archipelago」開催。
アウトリーチプログラムとして、加賀屋小学校での出張授業・MASKでの特別授業を開始。
2019機関紙『paperC』をWebに移行し、リアルタイムな大阪の情報発信メディアとして運用開始。
アーティスト海外派遣プログラム「Residence Program in Paris」を開始。
2020アーティスト・クリエイターのためのシェアスタジオ「Super Studio Kitakagaya(SSK)」開館。
「大阪における文化芸術関係者への新型コロナウイルスの影響に関する実態調査」を実施。
2021公式ウェブサイトリニューアル

Supporting a Creative Environment in Osaka
プロジェクトについて

アート作品収蔵庫やシェアスタジオの企画運営、芸術文化活動の情報発信など、様々な角度から創造環境のサポートを行っています。

Supporting artists and creators
助成金プログラムのご案内

アーティストやクリエイターが 活動しやすい状況を整備し、 また創造性が触発されるような 環境を生み出すことを目的として、 助成プログラムを実施しています。

Renovationable properties for artists and creators
北加賀屋つくる不動産

名村造船所跡地を中心に、北加賀屋に点在する 空き物件や空き地を活用し、アーティストやクリエーターが アトリエ、オフィスなどを開設、運営しています。

Discovering Kitakagaya
北加賀屋のまち

⼤正時代~1970年代まで造船のまちとして栄えた北加賀屋。街中に点在するクリエイティブ拠点やアートスポット、飲⾷店をご紹介します。