KCV(北加賀屋クリエイティブ・ビレッジ)構想

「KCV(北加賀屋クリエイティブ・ビレッジ)構想」は、北加賀屋エリア(大阪市住之江区)を創造性あふれる魅力的なまちに変えていく試みとして、2009年に提唱されました。

あらゆるジャンルのアーティストや、ものづくりに関わるクリエイターなど、創造的な活動を行う人々が北加賀屋に集うような取り組みを進め、国内だけではなく世界に向けて情報発信することで、このエリアの魅力が向上し、「行ってみたい」「住んでみたい」と思われる場所になることを目指しています。

具体的には、大阪港につながる木津川沿いの名村造船所大阪工場跡地を中心に、地下鉄「北加賀屋」駅の北エリアに点在する空き物件や空き地で、アーティストやクリエイターがアトリエやオフィス等を開設・運営し、「芸術・文化が集積する創造拠点」として再生することを目指します。


北加賀屋の変遷

1988年

名村造船所の返還

(株)名村造船所大阪工場として利用されていた木津川沿いの敷地が、ドック(船渠)や工場、クレーンなどを残したまま、土地を所有する千島土地(株)に返還される。

名村造船所跡地と北加賀屋エリアを望む(撮影・1991年)

2004-2005年

造船所跡地が芸術文化の発信拠点に

名村造船所大阪工場跡地を拠点として、30年にわたるアートプロジェクト「NAMURA ART MEETING ’04-’34」を開催。
翌年、恒常的な創造の場として活用するため、旧事務所棟を改装し「クリエイティブセンター大阪(CCO)」をオープン。

2007年

造船所跡地が近代化産業遺産に

名村造船所大阪工場跡地が経済産業省より「近代化産業遺産群33」のひとつに認定される。

2009年~

KCV(北加賀屋クリエイティブ・ビレッジ)構想スタート

北加賀屋に点在する空き家をアーティスト・クリエイターに貸し出す「KCV(北加賀屋クリエイティブ・ビレッジ)構想」が始まる。

2012年

みんなのうえん誕生

北加賀屋の空き地活用の取り組みとして、コミュニティ農園「みんなのうえん」が誕生。

2014年

MEGA ART STORAGE KITAKAGAYA(MASK)オープン

旧工場・倉庫跡を大型アート作品の収蔵庫「MEGA ART STORAGE KITAKAGAYA(MASK)」としてオープン。

2016年

APartMENT竣工

“建築”の枠を超えて集まった8組のアーティスト、クリエイターが、旧鉄工所社宅の8室を一般向けの賃貸住宅として改装した「APartMENT」を竣工。

2017年

千鳥文化オープン

築約60年の文化住宅を補修し、食堂、ギャラリー、テナントが入居するまちの文化複合施設「千鳥文化」オープン。

2018年

モリムラ@ミュージアム(M@M)オープン

旧家具屋を再生し、大阪出身・在住の現代美術家・森村泰昌氏がプロデュースする自身初の個人美術館「モリムラ@ミュージアム(M@M)」としてオープン。

2020年

Super Studio Kitakagaya(SSK)オープン

旧工場・倉庫跡を大型アート作品の収蔵庫旧名村造船所倉庫を、アーティストやクリエイターのためのシェアスタジオを含む複合施設「Super Studio Kitakagaya(SSK)」としてオープン。

Projectプロジェクトについて

アート作品収蔵庫やシェアスタジオの企画運営、
芸術文化活動の情報発信など、
様々な角度から創造環境のサポートを行っています。

All Projects